アドラについて / OUR MISSION アドラの活動 / OUR WORK あなたにできること / OUR NEED

JapanPlatform
プロジェクト終了

緊急支援:感染症予防教育及び緊急支援物資配布事業

現地調査をもとに救援活動を行うため、1月13日に日本人スタッフを現地に派遣しました。インドのアンダマン・ニコバル諸島で避難生活を強いられている住民に対して、生活支援物資(テント、毛布、水タンク、蚊帳)の支給をおこないました。
また、感染症予防教育も実施しました。家庭でできる浄水処理方法や、健康・公衆衛生の知識を高めるために、子供や母親を対象に感染症予防教育を行い、子供たちに啓発メッセージ入りTシャツを配布しました。


●派遣スタッフからの報告

現地の様子

2004 年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波により、多くの国と地域で現在も何万人もの避難民が集団生活を強いられています。ADRAが1月11日から支 援をしているインド連邦直轄領、アンダマン・ニコバル諸島でも数千人もの人が命を失い、数万人もの人が家、土地、家財道具、全てを失いました。被災者は地 震・津波から1ヶ月以上経った今でも、照りつける暑さの中、十分なテントもなく日々助け合いながら暮らしています。

アンダマンの避難キャンプ

救援物資の配給と保健衛生教育


衛生状態の悪化による感染症の広がりは、他の被災国と同様、アンダマン・ニコバル諸島でも大きな懸念事項です。そこでADRAは南アンダマン島で、テン ト、蚊帳、毛布、水タンクなどの緊急支援物資の配給に伴い、30ヵ所以上ある避難民キャンプを回り、子供や母親を対象にした保健衛生教育をおこなっていま す。


「手を洗いましょう。」「きれいな水を飲みましょう。」「ゴミはゴミ箱に捨てましょう。」などのメッセージを様々な活動を通して伝えています。このような 基本的なメッセージは、衛生環境が整った日本では誰もが知っている、当たり前のことのように聞こえます。しかし、ここではこれらの基本的知識が彼らの健康 に大きな意味を持ち、ある時は生死に関わることになります。
ADRAの啓発活動は2月3日現在、5,000人以上もの被災者に広まっています。その成果とも言えるのか、南アンダマン島では幸運にも大きな感染症は未だ報告されていません。
辛い経験をしたと思われる子供たちも、ADRAの活動に参加をして、元気な笑顔を見せてくれています。子供たちの笑顔に励まされながら、ADRAは今後も引 き続き必要に沿った支援物資の配給とともに、避難民キャンプでの感染症防止の啓発活動に力をいれていきます。 (2005年2月3日)

復興支援:リトル・アンダマン緊急復興事業


ジャパン・プラットフォームのご支援を頂き、ADRA Japanは現在インド連邦直轄領、アンダマン・ニコバル諸島、リトル・アンダマン島において、3月初旬から6月下旬(予定)まで復興事業をおこなっています。

  • 仮設住宅400軒の建設
  • 井戸9基の建設・修復
  • 保健所3軒の建設
  • 感染症予防教育

○現地からの報告

仮設住宅の建設

12月26日のスマトラ島沖地震・津波が発生してから、早くも半年近くが過ぎようとしています。私たちにとってはあっという間に過ぎてしまったこの月日も、地震・津波の被災者にとっては、長くつらい半年となりました。
アンダマン・ニコバル諸島では5月ごろから10・11月、長いときは12月ごろまで、大量の雨が降り続くモンスーン(雨季)がきます。事業開始当初、リ トル・アンダマン島の避難所でテント生活をしていた約8,000人の避難民に、モンスーンが始まる前に雨をしのげるシェルターを提供しようと、現地行政府 と多くのNGOが協力して、島全体で1,800軒の仮設住宅を建設しています。ADRA はそのうちの400軒を担当し、今では380世帯ほどが既に私たちの仮設住宅で新しい生活を始めています。
スタッフと現地の人々
建設した仮設住宅

井戸の建設

リトル・アンダマン島の人々の主な水源は井戸でした。しかし、津波で多くの井戸が破壊されてしまった今、人々の水を確保する手段は奪われ、行政府の水配給 車に頼らなければなりません。そんな彼らが一日でも早く自立し、もとの生活に戻れるよう、ADRAは新規の井戸7基の建設と、3基の修復作業をおこなって います。
井戸建設の様子

感染症予防教育

感染症予防教育は、前回の南アンダマン島でのプログラムが好評だったため、ここリトル・アンダマン島でも継続しておこなっています。衛生設備が整ってい ないこの島で、モンスーンの到来は衛生環境の更なる悪化を意味し、水による感染が急増する時期でもあります。しかし、そのような感染も身近なところで防げ るものがほとんどです。子供や母親に予防の知識を広め、衛生に関する意識を高めてもらおうと、ADRAの保健スタッフは様々な工夫を凝らし、子供たちが楽 しみながら学べる環境を提供しています。
その中で、ADRAの支援者である小林紀美子さんと遠藤雅子さんの素敵な手作り紙芝居を使って、井戸の正しい使い方や、身の回りを綺麗にすることの大切さを教えると共に、子供たちに大きな笑顔を与えています。
保健衛生について学ぶ子供

※活動はジャパン・プラットフォームの助成により行われています。

お問い合わせ / 個人情報保護について 
Copyright (c) ADRA Japan 1997-2006. All rights reserved.