NPO法人 アドラ・ジャパン ADRA Japan
Peru Nutrition Improvement
ペルー / 母子栄養改善事業

2012年度‐2013年度 リマ州リマ郡
スラムに居住する母親に対する食育事業

事業概要

現状をふまえてADRA Japanでは、低所得層世帯が多く住む地域で、食事づくりを担う地域の食堂スタッフや、母親や学校教師などに栄養教育を行うコミュニティプロモーターを対象に、栄養の大切さや知識を理解してもらうための研修を実施します。子どもたちの貧血削減を目指すと同時に、家族の栄養改善や、細菌感染への抵抗力の向上も期待されます。

事業対象地
リマ県リマ市プエンテ・ピエドラ区ラデラス・デ・チジョン
対象者
女性リーダー:60名
母親:240名
小学生と就学前の子どもの保護者:100名
図1 対象地の地図

より大きな地図で Peru を表示

 

事業の目標

本事業は対象地域に於ける5歳から12歳までの小児貧血削減に貢献することを目的とします。具体的な目標は以下の3点です。

  1. 炊き出しを行なっている60人の女性リーダーが、バランスのとれた栄養摂取の重要性を理解し、栄養バランスの良い健康的な食事を準備することが出来るようになること。
  2. 地域の240人の母親が、バランスのとれた栄養摂取の重要性を理解し、子どもに健康的な食事を準備することが出来るようになること。
  3. 小学校及び就学前教育での活動を通し、教師および保護者100人が、子どもの栄養管理に関して意識が高められ、知識を獲得すること。

*本事業は、味の素「食と健康」国際協力プログラムにより助成頂いています。


事業内容

以上の活動によって、対象者自身が研修や家庭での実践を通して学んでゆくことにより、自立発展性を確保します。

(2012.04.18更新)


リンクと著作権について / 個人情報保護について