NPO法人 アドラ・ジャパン ADRA Japan
Peru Earthquake Damage
ペルー地震被災者復興支援事業 : 2009-2010年再建事業 Happy School for All

第2期事業報告

1期事業に引き続き、2010年5月より2010年11月にかけて第2期事業を実施いたしました。
本事業では以下の活動を行いました。

 

    1. 教員室棟(図書室含む)の建設、図書室の設置
    2. リクリエーションエリア(校庭・園庭)の整備
    3. 施設管理トレーニングの実施(PTA対象・児童対象)
    4. 施設落成記念セレモニー

 

 

peru peru
建設の様子
peru peru
完成した教員室と図書室

 
子どもたちは図書館に贈られた本に大喜びです。この町には本屋もありません。「みんなで大切に使っていきます」と約束してくれました。

peru peru
peru
新しいレクリエーションエリアで遊ぶ子どもたち

ほとんどの子どもが「滑り台」や「ブランコ」で遊ぶのが初めてでした。

peruperu
peruperu
施設管理トレーニングの様子

新しい教室や図書館、校庭をどのように使ったら長く使うことができるのか、きれいに保って使えるのか、ADRAのスタッフと一緒に学びました。
また、管理のための年間計画も作成しました。

peru peru
記念セレモニー


10月27日、新たな施設(教員室、図書室、レクリエーションエリア)の落成記念セレモニーを行いました。
在ペルー日本国大使館の藤原二等書記官も参加してくださいました。また、事業を支援してくださった(特活)世田谷アジアプロジェクトの方々がペルーまで来てくださいました。町の人たち・子どもたちがとても喜んでいました。

 

<裨益者からのメッセージ>

ヘラルディン・ヴィセンテ・カストロさん 5年生17歳

photo14 「私はずっと学校に行くことができませんでした。家が貧しかったので、働かなければならなかったのです。その後、少し学校に通いましたが、とても遠くて、仕事と両立することができませんでした。ある日、私の住んでいる町に学校ができると知って、「今度こそ勉強できる!」と思いました。今はこのADRAが建ててくれた学校で勉強をがんばっています。この学校を贈ってくれたみなさん本当にありがとう!」


 

エメルソン・エスピノサくん 5年生 

photo15 「ADRAの学校、Happy Schoolに楽しく通っています。僕は勉強が好きです。今度は図書室もできるので、いろんなことを調べたいと思っています。学校を贈ってくれた日本の人たちに感謝しています!」


 

ネイル・ダバロス校長

photo16 「今は就学前教育と小学校だけですが、数年後には中学校もできるようになると考えています。この地域はどんどん住民が増えている地域なので、町と一緒に学校が成長していくでしょう。そして、この学校を卒業した子どもたちが、将来的に勉強を続け、専門的な知識や技術を身に付けていってくれると思っています。そのための基礎をここでしっかり学んでほしいと思っています。子どもたちのための素晴らしい環境が整ったことをとても嬉しく思っています。ADRAと日本のみなさんに感謝しています。ありがとう!」


マリア・ベジードさん PTA代表

photo17 「夢が叶いました。地震の後、住む場所を失くし、これからどうやってこの小さな子どもたちと生きていけばいいのか、気が弱くなっていた時もありました。
今は住む場所を持ち、そして子どもたちが元気に学校に通っているのです。当たり前の事かもしれませんが、母親として、私にとってはこの平和な暮らしが『夢』だったのです。こんなに小さな町のことを思ってくれた日本の方々に、心から感謝しています。」


 

本事業実施のために国際ボランティア貯金よりの助成を受けました。また(特活)世田谷アジアプロジェクトを始め多くのご支援者の方からご支援頂きました。
皆さまのご支援により、無事に事業を完了することができました。

ご支援くださった皆さまに心より感謝申し上げます。

(ペルー事業担当:神田)

(2010.12.13更新)


リンクと著作権について / 個人情報保護について