NPO法人 アドラ・ジャパン ADRA Japan
Peru Earthquake Damage
ペルー地震被災者復興支援事業 : 2009-2010年再建事業 Happy School for All

事業背景

被災者は今

peru

地震から2年が経過しました。
被災地の人々は今、どのように暮らしているのでしょう。

 

peru peru
家を建て直し始めた
家族もいます。
いまだに仮設のシェルターで
過ごす人々もいます。

 

被災した町はゆっくりとですが、復興の道を歩んでいます。
しかし、復興の波に乗れず、被災後の生活のまま取り残されてしまう人々もいるのです。
それはどのような人たちでしょうか?

 

復興から取り残される人々

地震後、問題となったのは土地をもたず、日雇いで働いていた人々でした。住んでいた土地は大家さんが仮設シェルターを建てるために立ち退きを言い渡され、仕方がなく内陸の砂地にシェルターを建てて仮の住居としていました。しかし、これらの土地は他の人の持ち物であるため、いつ立ち退きを命じられるかわかりません。

新しい町を!新しい学校を!

ADRAはこのように、地震により住む場所がなくなってしまった貧困家庭の人々を受け入れるため、行政と国家防災省との協働で新しい町を建設し、支援することにしました。
この新しい町には約500世帯が入居します。上下水道も完備します。みな、安心して眠れる新しい生活を心待ちにしています。

しかし、この新しい町は新たな土地に建設するため、学校がありません。一番近い学校へは30分以上歩き、幹線道路や治安の悪い地区を通らなければならず、年齢が低く、体の小さい児童は通学をあきらめなくてはなりません。
地域の子どもたちの学習意欲は高く、家族のために働きながらも勉強を続けている子もいます。今の貧困から抜け出すために教育が重要なことを知っているのです。

ADRA Japanはここの子どもたちの「学校へ通いたい」という願いと、子どもたちの家族の「安全な学校へ通わせたい」という思いを実現させるため、この町に学校を建設することにしました。

 

peru peru
町建設のための測量。
周りには砂地が広がっています。
建設作業が進んでいます。
現在、約250世帯が入居しました。
peru

 

衛生講習のために集まった新しい町の女性住民たち
「子どもたちの学校ができるのを楽しみに待っています!」


リンクと著作権について / 個人情報保護について