NPO法人 アドラ・ジャパン ADRA Japan
地域保健から生活を変える
Paraguay Strengthening Community Health in Bañado Sur, Asunción

パラグアイ / 地域保健改善事業

パラグアイについて

東西2つの顔を持つ国、パラグアイ

パラグアイはブラジル、アルゼンチン、ボリビアと国境を接する南米の内陸国です。国土を縦断するパラグアイ川を境に、多くの河川や湖、深い森が広がる東部と、野生動物の棲み家である広大な平原を有する西部に分かれ、東西で全く異なる特徴を持つ自然豊かな国です。また、世界有数の大豆の生産・輸出量を誇る国でもあります。

パラグアイの課題と住民の健康問題
パラグアイの経済は農業に依存しており、経済基盤が弱いために経済・社会インフラの整備も遅れています。社会の発展や生活の質を測る人間開発指数(HDI)では中南米、カリブ地域の33か国中27位、世界187か国中107位であり、南米地域における最貧国の一つとされています。

国内における所得格差も大きく、特に都市部と農村地域との間でその傾向は顕著です。この格差に不満を感じていた農村地域の人々は、20世紀後半によりよい暮らしを求めて農村部から都市部へ流入しました。特に首都アスンシオン市では、居住地として適していない川辺の地域にまで多数の人々が移民として住みつきました。これらの地域に住む人々は職を見つけることが難しく、低収入と慢性的な貧困に悩まされています。こうした地域では栄養分に富んだ食事を取ることが難しく、不衛生な住環境での暮らしを強いられているため、住民は栄養失調や慢性的な病気に悩まされています。

 


 

人口:約657万人(2011年 世界銀行)
面積:41万㎢ (日本の約1.1倍)
首都:アスンシオン
言語:スペイン語・グアラニー語
宗教:主にキリスト教

(2013.01.30更新)