アドラについて / OUR MISSION アドラの活動 / OUR WORK あなたにできること / OUR NEED

世田谷アジアプロジェクト

●放置自転車とSAP


世田谷区で処理される放置自転車は年間約2万台。それを処理する費用に約1億円かけているという状況に問題意識を持った特定非営利活動法人世田谷アジア事業(SAP)は、その自転車を整備し、必要としている国に送る活動をしています。

●ADRAとの協力


SAP から、世界各地に支部を持つADRAに受け入れ先になってもらいたいとの要請を受け、ADRA Japanがアジアの各支部に呼びかけをしています。呼びかけの結果、自転車を必要としている支部にSAPが整備した中古自転車を届ける活動を、ADRA JapanとSAPが協力しておこなっています。

●ラオスにて贈呈式


2004年2月5日、ラオス政府、日本大使館、SAP、ADRAの各関係者の集まる中、自転車の贈呈式が行われました。贈呈式でスピーチでラオス外務省国際開発局長は、「自分も学校から遠く大変だったが、自転車が与えられて勉強意欲もわき、そのおかげで現在の自分がある。」ということを話してくださいました。 SAPは今後も自転車だけでなく、職業訓練校などへの協力も検討していきたいとのことです。ADRAも協力関係を大切にしつつ、様々な支援を形にしていき たいと考えています。

世田谷区の放置自転車 調印式 贈呈された自転車の前で

●インドネシアに自転車を届けました


2005年2月21日〜27日まで、SAP理事長他6名がイ ンドネシア・スラウエシ島シンジャイ県を訪れ、70台の自転車を届けてきました。現地の県知事も訪問し、現地の人々との交流も深めることができました。贈 呈された自転車は、行政区分されている中の管轄区長(村区長)に供与され、行政執行のスピード化、コミュニケーションの円滑化を図ることが期待されていま す。







お問い合わせ / 個人情報保護について 
Copyright (c) ADRA Japan 1997-2006. All rights reserved.